バッティング テイクバックコツ

バッティングのテイクバックコツ

バッティングのテイクバックのコツ

テイクバックとは野球用語で、バットを振るスピードや力を強めるために、
最初の構えからバットを引く動作のことを言います。

 

また、ボールのタイミングを計るという一面も持っています。

 

このテイクバックによって、打球のスピードが増し、長打になりやすくなり
ますから、ぜひマスターしたいところですね。

 

では、テイクバックのコツとはどんなことでしょう?

 

慣れてきたら自分の一番やりやすいように少しずつ改良していっても構いませんが、
初心者の間はまず基本に忠実に行うのがいいですね。

 

軽めにグリップを握り、肘を肩の高さまで上げてリラックスした状態で軽く曲がっている
ようにします。

 

この時、グリップが上下にブレないよう気をつけてください。バッドのヘッドが寝ないように
注意しながら、肘を少し開けてリラックスした状態を保ち、そのままの状態から、後ろに
引きます。トップの位置が常に同じになるように心がけるのがポイントです。

 

上級者やプロの野球選手の場合は、自分の一番打ちやすい構えから、状況などに
合わせて脇を締めたり、バットを寝かせたりといったテイクバックも見られます。

 

でも、それは上級者が自分の技量や状況を判断できているからこそ有効に働きます。

 

初心者が一朝一夕で真似できるものではありません。

 

ですから、初心者の場合はできるだけ基本に忠実に、バットが寝ないように、グリップが
上下にブレないように、肘を少し上げてリラックスした体勢が取れるようにしながら、
テイクバックしてみてください。

 

元プロ野球選手が教えるバッティング打撃力アップ法!

 

「野球」7日間スラッガー養成プロジェクト

 

元西武ライオンズのスラッガーが教えるたった7日間で飛距離がグングン伸びたスラッガー養成プロジェクト

 

>>公式サイトはこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ